3月のライオン-アニメ映画情報まとめ-

3月のライオンの漫画・アニメ・映画など様々な情報を発信していきます!

キャスト 映画

3月のライオン映画 宗谷冬司役 加瀬亮のプロフィールや評判とその役柄は合うのか?

2016/12/07

3月のライオン二部作映画化が決定し、一部キャストも公開されましたね!

3月のライオン映画化決定!主演や共演者はあの豪華キャスト!

そして、宗谷冬司・名人 役に加瀬亮さんが演じられるという事ですね。

将棋の名人役という、かなり難しそうな役柄を演じる加瀬亮さんとはどんな方なのか、調べてみました。

 

加瀬亮のプロフィール

加瀬亮の写真出典:http://geinouscandal.com

生年月日は1974年11月9日生まれです。現在41歳です。

神奈川県横浜市出身。

身長は174cm。

血液型はB型です。

加瀬亮の主な出演作品

映画

2004年

『アンテナ』荻原祐一郎役 ※初主演

 

2005年

『メールで届いた物語「mail」』 高村修役

『スクラップ・ヘブン』粕谷シンゴ役

 

2006年

『ハチミツとクローバー』真山巧役

 

2007年

『それでもボクはやってない』金子徹平役

 

2009年

『重力ピエロ』奥野泉水役

『インスタント沼』ガス役

 

2010年

『アウトレイジ』石原役

 

2012年

『劇場版SPEC』シリーズ 瀬文焚流役

 

2013年

『はじまりのみち』木下惠介役

(ここで紹介した作品は一部です)

 

テレビドラマ

2002年

『抱きしめたい』 沢田道朗役

 

2009年

『ありふれた奇跡』田崎翔太役

 

2010年~2012年

『SPEC』シリーズ 瀬文焚流 役

(ここで紹介した作品は一部です)

 

他にもテレビCMやミュージックビデオにも出演されています。

スポンサーリンク



加瀬亮の受賞歴

2004年

第14回日本映画プロフェッショナル大賞 主演男優賞『アンテナ』

ちなみに映画プロフェッショナル賞とは、大高宏雄が主催者で、一個人が主催する世界唯一の映画賞だそうです。

2007年

第17回日本映画プロフェッショナル大賞 主演男優賞『それでもボクはやってない』

 

第81回キネマ旬報ベストテン 最優秀主演男優賞『それでもボクはやってない』『オリヲン座からの招待状』

ちなみにキネマ旬報ベストテンとは、世界最古クラスの映画賞です。

全員の投票内容が誌面で公表されていて情実や圧力が加わりにくい点や、多彩な顔ぶれが選考委員を務めていた点

毎年の受賞の結果はNHKや、全国紙で報じられるなど映画ファン以外からの注目度も高いなど、

権威ある映画賞のひとつとされているようです。

日本映画界をマーケティング重視の作品が席巻する中で、作品第一の姿勢が一貫して貫かれているので、

純粋に、作品の内容のみを正当に評価している映画賞ともいえます。

第21回高崎映画祭 最優秀助演男優賞 『花よりもなほ』

ちなみに高崎映画祭とは、群馬県高崎市にて開催される映画祭です。

作品賞・監督賞などの授賞式も実施させるようで、多数の監督や俳優が来祭するようです。

2008年

第31回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞『それでもボクはやってない』

 

第32回報知映画賞 最優秀主演男優賞 『それでもボクはやってない』

ちなみに報知映画賞とは、報知新聞社が主催する映画賞です。

受賞者は毎年11月に発表され、授賞式は12月に行われるようです。

 

第50回ブルーリボン賞 主演男優賞それでもボクはやってない』

ちなみにブルーリボン賞とは、スポーツ新聞7社と映画会社の合同出資にり運営されているようです。

 

第29回ヨコハマ映画祭 主演男優賞『それでもボクはやってない』

ちなみにヨコハマ映画祭は、受賞者の出席率が高いことで人気を博しているそうです。

 

第3回おおさかシネマフェスティバル 主演男優賞『それでもボクはやってない』

 

第2回アジア・フィルム・アワード 主演男優賞『それでもボクはやってない』

ちなみにアジア・フィルム・アワードとは、香港国際映画祭の行事の一つとして授賞式が開催されるようです。

主にアジア映画を対象とした映画賞で、現在は13部門からなる映画賞だそうです。

全国映連賞 男優賞 『それでもボクはやってない』

2010年

第1回日本シアタースタッフ映画祭 助演男優賞『インスタント沼』『おとうと』

 

2013年

第67回毎日映画コンクール 男優助演賞 『アウトレイジ・ビヨンド』

 

加瀬亮の評判は?

 

同業者からの評判

加瀬亮さんが昔から憧れていた俳優の浅野忠信によると、

事務所に入りたての頃は自分の付き人をやっていたが、仕事中に気が付くとどこかへ遊びに行っていた。

という。なんてマイペースな方なんでしょう(笑)

また、昔はケンカをよくやる程のやんちゃな性格だったみたいです。

今では全く想像もつきませんね。

 

2016年9月現在、映画3月のライオンの撮影を行っています。

羽海野チカさんのTwitterにはこんなツイートがありました。

バームクーヘンの差し入れ、おいしそうですね!

スタッフへの気遣いも忘れない加瀬亮さんでした。

ネットでの評判

最近話題の『塩顔』男子に属するようで、一回り年下の女性から人気があるようですね。

加瀬亮さんの年齢は現在41歳ですが、とても若く見えます。

若々しくも、大人の魅力を兼ね備えた方ですので、人気があるのもうなずけますね。

また、熱愛絡みでも一躍有名になりましたね。

ルックスもさることながら、数々の賞を獲得する実力のある俳優です。

数々の出演作品での素晴らしい演技が高く評価され、ネット上での評価はとてもよかった印象です。

 

宗谷冬司・名人役は合うのか?

3月のライオンの登場人物である、宗谷冬司・名人は

端正な顔立ちでとても美しく描写され、ほかの将棋棋士とは一線を画したオーラをまとっています。

宗谷冬司の年齢は40代ですが、子どもの頃から変わらないと言われるほどに若々しいです。

ルックス面では加瀬亮さんも40代とは思えない若々しさがありますので、今回の配役された決め手の一つかもしれませんね。

 

また、宗谷冬司はしばしば不可解な行動をとり、どこか常軌を逸した雰囲気を持ちます。

さらに、宗谷冬司は名人でもありますので、相当な演技力がなければ務まらない役柄ですね。

そういった意味でも、加瀬亮さんが演じるとあって本当に期待が持てます!

加瀬亮さんは今回演じるにあたって、このようにコメントしています。

将棋の撮影は思ったより過酷で、スタジオの食堂で食券を渡す時に
人差し指と中指で挟んで渡してしまうくらい疲れています。

出典:http://3lion-movie.com/

職業病ならぬ、役柄病ですね(笑)

しかしそれほど集中して、本気で演じるという事ですので、更に期待が膨らみますね!

実力派の豪華キャストが集う『3月のライオン』の映画。

来年の公開が早くも待ち遠しく感じる私でした。

スポンサーリンク



-キャスト, 映画