3月のライオン-アニメ映画情報まとめ-

3月のライオンの漫画・アニメ・映画など様々な情報を発信していきます!

アニメ

3月のライオン アニメ第6話と漫画の比較感想考察まとめ

2016/12/07

3月のライオンの第6話が放送されました!

漫画との比較や個人的感想と考察などを書いていきたいと思います!

 

プロ棋士の休日の過ごし方

このシーンが挿入されるのは、原作通りなら5話だったのですが

今回で使用されましたね。

 

零の連敗

シャフト演出

零がC級1組からB級2組へ昇級するには、

同級の10名と対局し、連勝に近い戦績を勝ち取る必要がありました。

将棋のルールはこちら→初心者のための将棋ルール

しかし、その道は遠のいてしまいましたね。

零が二連敗した心情をシャフト独特の演出で表現していました。

零が高校に再入学した理由

勉強をし直したかったのが理由ではないようですね。

やはり零の暗い過去に関係しているのでしょうか?

零の暗い過去は、家族を事故で失った事の他にもありますので、それが原因かもしれません。

この伏線も、いずれ回収されると思います。

 

宗谷冬司の登場

宗谷冬司

将棋の神様の子どもが登場しました。

名人や他のタイトルを保持し続ける天才棋士で、

3月のライオンの物語でも重要な人物ですね。

 

ちなみにモデルとなる人物は

羽生善治と谷川浩司さん

どちらも中学生でプロ棋士となり、名人の称号を獲得している鬼才の持ち主です。

宗谷冬司は、その二人を足して2で割らない強さのようです。※3月のライオンの原作に記述あり

スポンサーリンク



うちにおいでよ

ひなたが零を元気づける為に言った言葉でした。

黒星が続き、落ち込む零を気遣う優しいひなた。

やはり川本家の人たちが与える暖かいオーラは、

落ち込んだ零を優しく包み込みました。

Cパートを起用した理由は?

高橋君が登場するシーンはCパート(ED後のパート)として放送されましたね。

いきなりED曲が流れだして、「ん?もう終わり?」

と思ったら続きがあった。みたいな。(Cパートあるある)

ではなぜCパートが必要だったのでしょう?

おそらく、次回へつなげるシーンを強制的に作り出すためだと思います。

アニメの放送時間の都合上、高橋君が登場するシーンで区切らざるを得なかったのでしょう。

原作では、高橋君が登場してからのシーンが少し続きますし、

アニメは、原作をかなり忠実に再現しているようですので、

カットや編集でごまかすことも難しかったのだと思います。

そこで、Cパートを使用してメック(店名)でのシーンが単調にならないように仕上げた。

というのが私の考察です。正直自信ないですが(笑)

まとめ

今回は、将棋の昇級の仕組みやプロ棋士のプライベートについて描かれていましたね。

また零の心情については、敗戦による暗いシーンから、ひなた登場で明るくなるシーンまでありました。

しっかりと、主人公の成長の過程が詰まっていましたね。

来週もお楽しみに!!

あ、最後はひなたのとびっきりの笑顔でお別れです!

ひなたの笑顔

 

こちらもどうぞ

3月のライオン アニメ第1話と漫画の比較感想考察まとめ

3月のライオン アニメ第2話と漫画の比較感想考察まとめ

3月のライオン アニメ第3話と漫画の比較感想考察まとめ

3月のライオン アニメ第4話と漫画の比較感想考察まとめ

3月のライオン アニメ第5話と漫画の比較感想考察まとめ

3月のライオン アニメ第7話と漫画の比較感想考察まとめ

スポンサーリンク



-アニメ